小額の借入は低金利より無利息期間が長いカードローンがお得?

銀行カードローンはその低金利な契約で人気ですが、それに対抗するように消費者金融などでは「無利息ローン」を提供しています。

無利息ローンとは無利息期間が設定されているカードローンの通称で、一定期間は利息がつかないというサービスです。

無利息ローンの多くは初回利用者に対しての優遇ということが多いのですが、会社によっては長期間の無利息期間を設定しそれを売りにしている会社もあります。

・無利息期間サービスと低金利カードローンを比較

無利息期間を使うか低金利のカードローンを使うか、というのは単純に比較できるものではありませんが少額の借り入れ、もしくは短期間で返済できる借り入れであれば無利息期間が設定されているローンを使ったほうがお得ということが多いです。

まず無利息期間中に完済できるのであれば当然無利息期間を使ったほうがお得です。

そして低金利のカードローンと言っても金利としては15%から10%ということが多く、金利が高いカードローンでも18%程度なので短期間の返済や低額の借り入れであれば利息を払っても無利息期間のカードローンのほうがお得ということが多くなります。

・長期の分割返済ではやはり低金利カードローン

ただ、最終的には低金利のカードローンのほうが利息が少なくなるので長期の返済計画を立てた場合無利息ローンより低金利のローンのほうがお得ということが多くなってきます。

具体的な期間などは借入額によっても異なってくるのでしっかりとした返済計画をたて自分にとってお得という方を選ぶようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ