わずかな時間があれば、借り入れができるのかできないのかの答えが分かることになっています。

アコムの場合ではわずか3つの質問事項に回答すればいいだけですから、何一つ懸念するようなことはないです。アコムでは「生年月日」「年収」「他社での借り入れ金額」の3項目に答えれば診断結果もすぐです。

大学生であっても、お金を借り入れしたいという人はいるのではないでしょうか?大学生の立場でも、バイトなどによって毎月収入があるようなら、無担保で保証人なしでキャッシングすることができます。ただし、消費者金融を利用するには年齢制限があります。20歳以上でしたら問題なく利用できます。

消費者金融のアコムでしたら、固定電話を設置していなくても、携帯を所有さえしていればキャッシングできるとのことなので、心配ありません。携帯電話でも十分に本人確認はできるようになっています。連絡を取るのも携帯電話の番号かメールになります。

また、自宅にかかってくる電話は家族に内緒にしたいのでNGという方もいらっしゃいます。ですが、基本的には本人確認のためには携帯電話にかかってきますし、勤務先への在籍確認のための電話連絡は自宅にかかってくることはありません。

ただし、返済が遅れるような事があれば、自宅でも電話連絡はあります。ですが、返済の遅れに関しての連絡は、まず登録されたメールアドレスに確認の連絡が届きます。次に本人の携帯電話にかかってきます。その際に、メールの返事、もしくは電話での対応が無かった場合は、自宅への電話確認となります。それでも対応がなかった場合は、職場への確認電話となりますので、気をつけましょう。

在籍確認電話ですが、もちろん申し出することによって、アコムではその電話をなくすことができる場合もあります。ですが、「在籍確認はNG」ということで審査が厳しくなったり、利用可能金額が下げられたりする可能性は考えなくても良いでしょう。審査内容がすでに微妙な方は電話連絡は回避できないのです。

お金を借りる場合は確かに「どこで働いているのか」は重要なファクターになりますが、それを確実に確認するための手段として在籍確認電話は重要です。ですがそれを回避する方法もあります。誤解してはいけないのが、在籍確認は必ず行われるという事です。電話回避が可能かどうかはそれまでの審査内容が余裕で問題ないかどうかになります。

アコムでは、審査の中でも最も重要な在籍確認で勤務先にかけてくる電話の場合、担当者が個人名でかけてきます。そして電話がかかってきた際、たまたま席についていなかった場合も、電話に出た人が「ただいま席をはずしております」と言ってくれれば、在籍確認ができたと捉えてくれ、それで電話が終わりとなります。

つまり、本人がつかまるまで何度も電話がかかってくるわけではないので、周りの人に気づかれる危険性は低いでしょう。また、希望の時間内に電話をしてもらうように伝えることも可能ですし、アコムならできるだけ申し込み者の希望に沿った形で在籍確認電話をしてくれます。

ちなみに「ディスプレイに電話番号が表示されるので・・・」といった場合には、専用の携帯電話からかけてくれたり(普段は電源オフでつながらない)するようです。ですから最初から電話を拒否するよりは、「こういう形だとまあ、電話してもらっても大丈夫かな」と一度考えてみてはどうでしょうか。